VIOの正しい自己処理のやり方を解説!チクチクしないコツは〇〇を使うこと

全身脱毛

VIO部分の自己処理って、どこまでをどのように処理すれば良いのか迷いませんか?

そこで今回は、私が行っている「VIO部分の正しい自己処理方法」について紹介します。

  • VIOの自己処理は、何ですれば良いの?
  • VIOの自己処理って、どこまですれば良いの?
  • VIOを自己処理すると、チクチクしてかゆい…

という方は、ぜひチェックしてみてください。

さくら
さくら

私は美容脱毛サロンで、全身脱毛を受けているのですが、施術前には必ず自己処理をしています。そのため、VIOの自己処理もかなり慣れました♪

VIOの自己処理には「電気シェーバー」がおすすめ

VIOの自己処理方法は、以下の4種類があります。

  1. カミソリ
  2. 電気シェーバーやヒートカッター【おすすめ】
  3. 除毛クリームや脱毛ワックス
  4. 脱毛器

私は、ずっとカミソリで自己処理をしていたのですが、カミソリだと肌への負担が大きいため、どうしても痒くなってしまうことが多々ありました。

そのため、VIOの自己処理をするなら、肌への負担が1番少ないので電気シェーバーやヒートカッターがおすすめですよ。

最近は、手頃な価格で手に入るので、助かります!

後でも紹介するのですが、ヒートカッターなら自己処理後にチクチクしないので、VIO部分にはヒートカッターを使うと良いですよ。

除毛クリームや脱毛ワックスでも自己処理はできるのですが、私は肌が弱いのでVIOの自己処理では使っていません。

また、脱毛サロンではなく、自宅でVIO脱毛をしたい方は、家庭用の脱毛器を使うのも良いですよ。

家庭用脱毛器なら、「ケノン 」という商品がおすすめ。


「家庭用なのにしっかり効果が出る!」と、めちゃくちゃ評判です。

さくら
さくら

「ケノン」は、カートリッジ部分が付け替えられるので、VIOと分けられて安心です。

家族とシェアすれば、かなりお安く脱毛できちゃいますよ♪

VIOの正しい自己処理方法を解説

VIOを自己処理する際の正しい方法は、以下の通りです。

  1. ホットタオルなどで処理したい部分を柔らかくする
  2. ハサミやヒートカッターで短くする
  3. 電動シェーバーで剃る
  4. しっかり保湿をする

それぞれについて、もう少し詳しく紹介しますね。

1)ホットタオルなどで処理したい部分を柔らかくする

まずは、ホットタオルなどで、処理したい部分の毛を柔らかくしておきます。

肌も柔らかくなるので、肌への負担も軽減できますよ。

入浴後なら、すでに柔らかくなっているので、ホットタオルは必要ありません。

さくら
さくら

私はいつも、入浴ついでに自己処理をしています。

2)ハサミやヒートカッターで短くする

毛が長いと電気シェーバーやカミソリでうまく剃れないので、最初にハサミなどを使って毛の長さを短くカットしておきます。

ツルツルに剃りたい箇所は、1〜2mmぐらいになるようにカットしておくと、キレイに剃れますよ。

この時、ハサミではなく「ヒートカッター」を使ってカットすると、チクチクしにくくなるので、おすすめです。

3)電動シェーバーで剃る

短くカットできたら、不要な毛を電気シェーバーで剃っていきます。

毛を剃る時は、まずは毛の流れに沿って、優しく剃ってください。

その後、今度は、毛の流れに逆らうようにして、優しく剃ることでキレイに剃れます。

この時、力を入れすぎると肌を痛めたり怪我をしてしまうので要注意です。

IとO部分は、どうしても見えづらい箇所なので、鏡を置いた前でM字開脚をすると処理しやすいですよ。

手鏡を使って、IとO部分を確認するのもありです。

怪我をしないためにも、特にO部分は電気シェーバーでの自己処理がおすすめです。

さくら
さくら

私の場合は、I部分を覗き込むような姿勢で、自己処理をしています。

I部分までなら、この方法でも何とかなっていますよ。O部分は元々毛が薄いので、自己処理はしていません。

4)しっかり保湿をする

VIOの処理が完了したら、最後にしっかり保湿をします。

できれば、デリケートゾーン専用の保湿ミストやクリームを使うと良いのですが、私はワセリンを使っていますよ。

ワセリンでも荒れたり、肌トラブルは起こっていませんが、心配な方は、デリケートゾーン専用の商品を使うと安心です。

イサビクリーム 』は、「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査で人気No.1を獲得した、 デリケートゾーンの黒ずみ対策クリーム。

保湿はもちろん、黒ずみケアまでしっかりできて、一石二鳥ですよ。

さくら
さくら

私の肌はわりと弱めなのですが、この方法で自己処理するようになってからは、肌が荒れたりはしていませんよ。

VIOの自己処理でチクチクしない方法

VIOを自己処理した際にチクチクしてしまうのは、毛を剃ったり、カットした際に毛の断面が鋭く尖ってしまうのが原因です。

なので、チクチクさせたくない場合は、毛を処理する際に、毛の断面が尖らないようにする必要があります。

では、どのように処理すれば毛の断面が尖らないのか。

その方法は、とても簡単で「ヒートカッター」という道具で自己処理をするだけです。

「ヒートカッター」は、その名の通り、熱線で毛をカットするため、毛先を丸くカットすることができます。

毛先が丸いため、チクチクしなくなりますよ。

「ヒートカッター」のお値段は、ピンキリですが、こちらの商品はお値段が安いのに、充電式で使いやすく、機能も良いのでおすすめです。

チクチクする際の対処法

念の為、VIOの自己処理をして、チクチクしてしまった時の対処法についても紹介しておきます。

自己処理をして、チクチクしてしまった時は、保湿をするのがおすすめです。

デリケートゾーン専用の商品があれば1番良いのですが、手持ちの乳液などでも大丈夫だそうです。

さくら
さくら

ちなみに、私は「ワセリン」を塗っていましたよ。

保湿をすることで、チクチクが軽減されます。

まとめ

今回は、VIOの正しい自己処理方法について紹介しました。

VIOの自己処理後のチクチクって、めちゃくちゃ不快ですよね。

私は、ワセリンを塗っていましたが、ヒートカッターを使えば、チクチクしなくなるのでおすすめです。

今は、美容脱毛でVIOもキレイに脱毛してもらっているので、自己処理もかなり楽になりました。

間違った自己処理を続けていると、黒ずみの原因にもなってしまうので、プロにお任せするのも良いと思います。

全身脱毛は、かなり高かったのですが、自己処理の頻度が減ったおかげで、肌の調子が良くなりましたよ。

もし、脱毛サロンでVIO脱毛を体験してみたいという方は、ミュゼプラチナムの100円キャンペーンがとってもお得でおすすめです。

なんと今なら、総額7万円以上の施術が100円以下で体験できますよ。

キャンペーンの詳しい情報は、以下の記事でも解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました