【メルカリ】ぬいぐるみの梱包方法を紹介◎送料を安くするポイントは?

メルカリ

メルカリにぬいぐるみを出品する際に悩むのが「梱包方法」と「送料」ではないでしょうか?

ぬいぐるみってどうやって梱包すれば良いの?

ぬいぐるみを発送する際の送料をなるべく抑えたい!

今回はこのようなお悩みを解決していきたいと思います。

先に結論を紹介しますと、以下の通りです。

  • 梱包には大きめの紙袋や丈夫な袋を使って濡れない工夫をする。
  • 3辺の合計を90cm以下に抑えて、郵便局の「定形外郵便」を利用する。

実際の梱包状態の写真も掲載しておりますので、参考になれば嬉しいです。

ぬいぐるみは割れる心配がないため、梱包するのはとても簡単ですよ。

↓以下の記事ではメルカリでの出品方法について解説中です。
 ※『配送について_配送の方法』は「普通郵便(定形、定形外)」を選択するようにしてくださいね。

【メルカリ】ぬいぐるみの梱包方法を紹介◎送料を安くするポイントは?

メルカリで出品したぬいぐるみを発送する際に送料を安くするポイントはたったの2点です。

  • 郵便局の「定形外郵便」で発送する
  • とにかく重さを軽くする

「定形外郵便」は重さによって送料が決まるので、なるべく発送する荷物が軽くなるように梱包するのが重要になってきます。

【メルカリ】ぬいぐるみの梱包方法を写真付きで解説

ここからは私がメルカリにぬいぐるみを出品した際の梱包方法を写真付きで紹介していきたいと思います。

今回出品したぬいぐるみは、こちらのごきげんぱんだです。

「めちゃでかぬいぐるみ」と書かれている通り、こちらのぬいぐるみは高さが32cmもあるので、ぬいぐるみの中でも大きめのサイズかと思います。

このぐらいの大きさのぬいぐるみでも、『定形外郵便』を利用すれば税込510円で発送することができました。

手順はたった2つだけです。

  • 手順1:ぬいぐるみを袋に入れる
  • 手順2:袋に封をする

やり方さえわかってしまえば、とても簡単ですよ。

まずは手順を解説する前に、梱包に必要なものを紹介しますね。

【メルカリ】ぬいぐるみの梱包に必要なもの

メルカリで出品したぬいぐるみを発送するのに必要なものは、全部で4つです。

  • ぬいぐるみが入るサイズの袋
  • (ぬいぐるみが入るサイズのビニール袋)
  • ガムテープなどの丈夫なテープ
  • ハサミ

これだけあれば十分なのですが、私は荷物に手書きのメッセージをつけるようにしているので、付箋とペンも使用します。

こんな感じですね。

テープはガムテームでも全然良いのですが、透明やカラフルなテープの方が見た目が綺麗に仕上がります。こちらも100円均一で手に入ります。

私は綺麗にテープを貼るのが苦手なので、透明のテープを愛用しています。

今回は家にぬいぐるみが入るサイズの袋がなかったため、以下の袋を100円均一で購入し、紐は外して袋だけ使用しました。

最近もっと良い梱包資材を見つけましたので、よろしければこちらの記事もご覧くださいませ。

あとは、発送するぬいぐるみですね。

【メルカリ】商品は必ずビニール袋などに入れて梱包する

ぬいぐるみに限らず、メルカリで何かを発送する際は、念の為、商品が濡れたり、汚れたり、破損したりしないように配慮する必要があります。

あまりにも状態がひどいと低評価やクレームになってしまうので、ここは要注意です。

今回のぬいぐるみのように最初から袋に入っている場合はそのまま梱包をしても問題ありませんでしたが、商品がそのままの状態の場合は透明の袋やビニール袋に入れるようにしましょう。

OPP袋やビニール袋はセリアなどの100円均一で手に入りますよ。

【メルカリ】ぬいぐるみの梱包手順1:ぬいぐるみを袋に入れる

まずは、先程紹介した通り、準備したぬいぐるみを汚れや濡れ、破損防止のためにビニール袋に入れてテープでしっかりと封をしておきましょう。

私の場合は元々ビニールに入っていたため、こちらの作業は省略しました。

【メルカリ】ぬいぐるみの梱包手順2:袋に封をする

ビニール袋に入れたぬいぐるみをさらに紙袋や丈夫そうなビニール袋に入れておきます。

あとは袋に封をするだけです。

この時のポイントは、「なるべく小さくなるように、袋を綺麗に折り込んでテープをとめること」です。

上の写真のようにまず真ん中をぴったり止めてしまうと、楽ですよ。

どうして荷物をなるべく小さくする必要があるの?

と思われるかもしれませんが、『定形外郵便』は重さは4kg以内、長辺60cm以内、3辺の合計が90cm以下でないと利用できません。

以下の図のようなイメージですね。

https://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

そのため、荷物をなるべく小さくして3辺の合計を90cm以下にする必要があるのです。

といっても、無理矢理小さくするとぬいぐるみの形が崩れてしまうので、商品にダメージがない範囲で小さくしてください。

『3辺の合計を90cm』と聞くと少し心配になるかもしれませんが、このような大きいぬいぐるみでも余裕でしたよ。

テープの貼り方が下手なのは、お許しください…
このような感じの梱包でも、今の所評価は良いものばかりいただけています!

今回はビニール袋で梱包しましたが、中の商品が濡れないようになっていれば紙袋で梱包しても大丈夫です。

紙袋で梱包した時はこのようにしました。↓

これでぬいぐるみの梱包は完了です。

あとは郵便局の窓口で定形外郵便をお願いするだけです。

私はいつも郵便局の窓口で「この荷物を普通でお願いします!」と伝えています。

私が利用している郵便局は親切な方が多く、より安い送り方がある場合は教えてくださいます。
ぬいぐるみの場合は、今のところ今回の方法が一番安く済んでいます。

宛名はどうすればいいの?

ちなみに宛名は、荷物に書いてから郵便局の窓口へ持って行っても、書かずに持って行ってもどちらでも大丈夫でした。

荷物に宛名を書かずに郵便局へ行った場合は、宛名を書くシールをいただけるので、そのシールに自分で宛名を書いて荷物に貼ればOKです。

私は郵便局で書くのが面倒なので、セリアで購入した白い付箋に送付先の住所や氏名を大きめに書き、右下に少し小さめに自分の住所・氏名を書いています。

これは郵便局の方に言われたのですが、相手の住所の上に「宛名」と書いておくとわかりやすいそうです。

この付箋が濡れないように透明のシールで全体を覆うようにして、荷物の綺麗な方の面に貼り付けています。

このように宛名を貼る際にも透明テープが活躍するので、テープは透明のものがオススメです。

【メルカリ】大きめのぬいぐるみの送料は510円で済む

今回、紹介したごきげんぱんだのぬいぐるみは自宅で計量してみたところ「476.5g」でしたが、郵便局の窓口で量っていただいた時は「475.0g」でした。

「500g以内」ということで、送料は税込510円でした。

『定形外郵便』は重さによって送料が変わります。
その他の重さの定形外料金の料金を確認する

500g以内の下は「250g以内」だったので、このぐらいの大きめのぬいぐるみの場合はこれ以上安くするのは難しそうです。

ちなみに先程の紙袋で梱包した荷物の送料も510円でした。
同じようなサイズ感のぬいぐるみだったので、値段は変わらずでした。

同様のぬいぐるみを宅配便で発送した場合、なるべく小さくしても80サイズぐらいになりそうなので850円ぐらいでしょうか。

そう思うと、税込510円というのはかなりお安く発送できたと思います。

【メルカリ】500円分のポイントが貰える招待コード

まだメルカリで会員登録をしていない方は、以下の招待コードを入力して会員登録をすると500円分のポイントが貰えますよ。

もし宜しければ、ご自由にお使いください♪

500Pが貰える招待コード
EYYZPW

↓会員登録時の招待コードの入力欄はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ほとんどのぬいぐるみであれば、この方法が一番安く発送できると思います。

もう少し小さいマスコット等も場合も、袋のサイズだけ変えれば同様の手順で対応可能です。

ちなみに私がマスコットを発送した時の梱包はこんな感じでした。

少し大きめのマスコットだったのですが、このサイズで41.5gで税込200円でした。

これが規格内のサイズであればさらにお安い120円になるのですが、マスコットは厚みがあるので厳しそうです。
※規格内は長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内です。

ここに宛名シールを貼って発送しました。

私の場合、不器用なこともあってか、まだまだ綺麗には梱包できていないかもしれません。

ですが、ありがたいことにこのような梱包でもクレームが来たり、低評価になったことは一度もありません。

もちろん、綺麗に梱包できるのが一番なのでまだまだ精進したいと思います!

少しでもメルカリに出品したぬいぐるみの梱包や送料についてお悩みの方の参考になれば幸いです。

メルカリ発送時におすすめの梱包資材については、以下の記事をご覧ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました