ダイソーのシリコーン保存袋の使い方やサイズ感は?冷凍しても大丈夫?

DAISO・Seria・Watts

繰り返し使える保存袋としてSNSなどで話題になり、ずっと売り切れていたダイソーの「シリコーン保存袋」

私はずーーーっと「シリコン保存袋」だと思っていたのですが、正しくは「シリコーン保存袋」でした。

この「シリコーン保存袋」が、どこの売り場をチェックしても売っていない…

そんなダイソーの「シリコーン保存袋」をようやく購入できたので早速使用してみたのですが、思っていた以上に便利でした。

そこで今回は、ダイソーの「シリコーン保存袋」の使い方やサイズ感などを紹介していきたいと思います。

さくら
さくら

私は主に「食材の冷凍保存」に使用しているのですが、味玉や漬物、唐揚げなどの下味をつける際にも重宝しています♪

これまではIKEAのフリーザーバッグをよく使用していたのですが、捨てる罪悪感からも解放された上に、節約にもなっています。

私のおすすめは、一番小さいSサイズ。

ダイソーの「シリコーン保存袋」は、

  • IKEAなどのフリーザーバッグの使い捨てがもったいない!
  • 繰り返し使える丈夫な保存袋が欲しい!
  • コスパの良いシリコン保存袋が欲しい!

という方には、特におすすめですよ。

ダイソー「シリコーン保存袋」の概要

商品名シリコーン保存袋
サイズ・Sサイズ(340ml)
・Mサイズ(680ml)
・Lサイズ(1L)
価格・S、Mサイズ:220円(税込)
・Lサイズ:330円(税込)
素材・本体:シリコーンゴム
・ロックバー:ポリスチレン
備考・電子レンジ、食洗機、オーブン使用可能(本体のみ)
・直火、オーブントースターは使用不可

サイズによって価格が異なるので、気をつけてくださいね。

ダイソーの「シリコーン保存袋」は、本体とロックバーに分かれており、ロックバーで入り口を閉めて使用します。

マチがあるので、液体を入れても冷蔵庫内でも自立してくれます。

調味料などの液体を入れる際は、本体に書かれている「MAX」までにおさまるように気をつけてくださいね。

また、本体にはフックなどが付けられる輪っかもあるので、キッチンに吊り下げておくこともできます。

ダイソー「シリコーン保存袋」のサイズ感

現在は、以下の3種類が発売されています。

  • Sサイズ:340ml(税込220円)
  • Mサイズ:680ml(税込220円)
  • Lサイズ:1L(税込330円)

私は、SサイズとMサイズの2種類を購入してみたのですが、意外とSサイズで事足りることが多く、Sサイズの方が重宝しています。

左がSサイズ(340ml)で、右がMサイズ(680ml)です。

SサイズとMサイズを比較してみると、こんな感じ↓

ひとまわりぐらい差があります。

こちらは、Sサイズに刻みネギを入れて冷凍保存した様子↓

本体は-30℃から、ロックバーも-20℃から対応しているので、問題なく冷凍保存できていますよ。

他にも、にんじんや大根、小松菜にほうれん草など、色々なものを冷凍する際に使用中。

大根や小松菜はかさばるので、Mサイズに入れて冷凍することが多いです。

ダイソー「シリコーン保存袋」おすすめの使い方

私の場合、主に食材の冷凍保存に使用しているのですが、他にも以下のような使い方もおすすめです。

  • 味玉を作る時
  • 唐揚げなどの下味をつける時
  • やみつきキャベツなど、少し味を馴染ませたい時
  • 海に行く時やキャンプ時に濡れたら困るものを収納

これまでは、こういった時にIKEAのフリーザーバッグやポリ袋を使用していたのですが、1回使っただけで捨ててしまうのがもったいなく感じていました。

可愛くてコスパも良いので、IKEAに行った際は必ずまとめ買いしていました。

ですが、ダイソーの「シリコーン保存袋」なら、洗えば何度も使用可能

しかも、本体部分は食洗機対応なので、洗うのも楽々です。
※私は自己責任でロックバーも食洗機で洗っていますが、今のところ問題ありません。

味玉を作る時に、卵全体がしっかり液に漬けられるのも助かっています。

さくら
さくら

個人的におすすめなのが、キャンプや海へ行く際に使う方法

スマホや財布などの濡れたら困るものを入れておけば、水から守ることもできますよ♪

ダイソー「シリコーン保存袋」のメリット

私が思う、ダイソーの「シリコーン保存袋」のメリットは、以下の5点。

  1. コスパが良い
  2. 自立する
  3. 繰り返し利用できる
  4. 本体は食洗機、電子レンジ、オーブン対応
  5. 見た目がシンプル

ダイソーの「シリコーン保存袋」は、とにかくコスパが良いです。

S、Mサイズなら税込220円、Lサイズでも税込330円で購入できます。

本体は、電子レンジや食洗機も使用可能で、冷蔵庫内では自立もしてくれて、液体まで入れられるのにこの価格で購入できるのは、かなり助かるのではないでしょうか。

本体だけでもしっかり自立してくれるので、食材や調味料も入れやすいですよ。

S、Mサイズの小さいサイズなら税込220円とかなりお安く購入できるので、

シリコーン保存袋を一度どんな感じか試してみたい!

という方には、特におすすめ。

個人的には、見た目がシンプルなのも、お気に入りポイントです。

さくら
さくら

洗って乾かせば繰り返し使えるので、IKEAのフリーザーバッグがほとんど減らなくなって節約にもなっています。

ダイソー「シリコーン保存袋」のデメリット

ダイソーの「シリコーン保存袋」を使用してみて、1点気になったのが「ロックバーの閉めにくさ」です。

棒をスライドさせると入り口がズレてしまうため、最後までしっかり閉めようと思うと、かなりの力が必要です。

ロックバーの前を押さえて入り口がズレないように気をつけても、なかなか上手くいかず…

私の場合は、いつも最後は力技で無理矢理閉めています。

私のように力が強めの方は大丈夫だと思いますが、私より非力な妹は「試しに買ってみたけど、閉めにくすぎて捨てた」と言っていました。

まとめ

大人気すぎてずっと売り場になかったダイソーの「シリコーン保存袋」ですが、コスパが良いので思っていた以上に重宝しています。

IKEAの可愛いフリーザーバッグを、1回使っただけで捨ててしまう罪悪感からも解放されました。

ただ、ダイソーの「シリコーン保存袋」で1点気になるのは、ロックバーの閉めにくさ。

この「ロックバーの閉めにくさ」さえ改善されれば、ダイソーの「シリコーン保存袋」は個人的に文句なしの商品です。

最近は、ダイソーのフリーザーバッグやポリ袋売り場でよく見かけるので、気になる方は、一つ試してみることをおすすめします。

私のおすすめは、一番小さいSサイズです。

さくら
さくら

IKEAのシリコーン保存袋のロックバーはかなりスムーズなので、値段はダイソーよりお高めですが、個人的にはIKEAの商品の方がよりおすすめです。

ただし、IKEAの商品の方が容量が大きいので、小さいサイズのシリコーン保存袋が欲しい方はダイソーのSサイズが便利ですよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました