ミニオン語の日本語の意味は?ミニオンの言葉を一覧にまとめてみた!

動画・映画

可愛いミニオンたちが話している、謎の言葉。

何と言っているかわからないけど、なんとなく言っていることはわかるような気がする不思議なあの言葉。

あちらは『ミニオン語』と呼ばれており、様々な言語の組み合わされているそうです。

今回はそんな『ミニオン語』についてご紹介したいと思います。

↓ミニオンの正体についてご紹介した記事はこちら

ミニオンの正体が明かされた
映画『ミニオンズ』を無料で見る方法

無料のお試し期間がある『U-NEXT』。
31日間の無料お試しを利用すれば、
ミニオンの正体が明かされた映画『ミニオンズ』も無料で見られますよ♪

映画観るなら<U-NEXT>

ミニオンたちが話している『ミニオン語』とは?

可愛い声が特徴のミニオンたちの会話。

日本語では『ミニオン語』と呼ばれていますが、英語では『Minionese(ミニオニーズ)』や『Banana language(バナナ語)』と呼ばれているそうです。

先程もご紹介した通り、様々な言語が組み合わされているそうなのですが、その中にはなんと日本語も含まれているそうです。
どおりでたまーーーーーーに言っていることが分かる訳ですね。

日本語の他にもイタリア語や韓国語やフランス語、中国語にフィリピン語にロシア語にもちろん英語などなど…
本当に色々な言語から成り立っているそうです。

彼らが何と言っているのか理解できれば、もっと映画が楽しめるはず…!

と言うことで、ここからは簡単なミニオン語をいくつか紹介していきたいと思います。

『ミニオン語』あいさつ・お礼・謝罪編

Bello(ベロー):こんにちは

こちらの表記はミニオンのグッズ等でもよく見かけるのではないでしょうか?

実はこのBelloは「こんにちは」という意味で、こちらは英語の「Hello」がベースになっているようです。

USJでミニオンに会ったときは元気よく「ベロー!」と言いましょう。

Poopaye(プーパイエ):さようなら

急に難しくなりました笑

プーパイエは別れの挨拶時に使うようです。こちらも英語の「Byebye」からきているのではないかと言われていますが、真相は不明です。

Tank yu(タンキュー):ありがとう

これは何となくわかりますね!

英語の「Thank you」からきたと思われる「タンキュー」。少し舌足らずな感じがとてもかわいいです。

Bi do(ビード):ごめんなさい

これはどうやら英語ではなさそうですね。

ビードは「ごめんなさい」という意味になります。申し訳なさそうな顔で言うのがポイントです。

『ミニオン語』数字編

次は数字についてご紹介したいと思います。

ミニオン語の数字は韓国語がベースになっているそうです。

Hana(ハナ):1

韓国語でも1は「하나(ハナ)」と言うそうなので、そのまんまですね。

Dhul(ドゥル):2

2は韓国語では「둘(トゥル)」と言うそうで、ミニオン語では少し濁った発音になっています。

Sehtt(セッ):3

3も韓国語と全く同じです。韓国語では「 셋(セッ)」と表記します。

『ミニオン語』固有名詞

次はベースとなっている言語がわかりやすいミニオン語を一気にご紹介したいと思います。

  • Banana(バナナー):バナナ
  • Babbles(バッブル)…リンゴ
  • Gelato(ジェラート)…アイス
  • Baboi(バーボイ)…おもちゃ
  • Chasy(チャーシィ)…椅子
  • Buttom(ブトム)…ぱんつ
  • Butt(ブット)…おしり
  • La boda(ラ・ボーダ)…結婚式
  • Tropa(トラパー)…部隊

少し発音が変わっているものもありますが、わかりやすいものが多いですね!

バナナはミニオン語では語尾をのばすのがポイントです!
「バナナー!」と叫ぶミニオンたち、可愛いですよね。

少し馴染みのないものだと、結婚式部隊はスペイン語の「La boda(ラ・ボーダ)」がそのまま使われており、「tropa(トローパ)」は少し発音違いになっています。

Chasyは英語の「Chair(意味:イス)」、ButtomとButtはどちらも英語の「Bottom(意味:下・尻)」がベースのようです。

『ミニオン語』感情表現

少しレベルアップして、文章に挑戦です。

Tulaliloo ti amo(タリルー・ティ・アモ):愛してる

「Ti amo」はご存知の方も多いと思いますが、イタリア語で「あなたを愛している」という意味です。

前半の「タリルー」は謎ですが…

Tatata bala tu(タタタ・バラ・トゥ):あなたのことが嫌い

「tu(トゥ)」が入っていることからフランス語ではないかと言われていますが、詳細は不明です。

これは言われたらショックなミニオン語ですね。

Me want banana(ミー・ウォン・バナナー):お腹がすいた

この表現で「お腹すいた」になるようです。きっとバナナが欲しいんでしょうね。

こちらは英語がベースです。

Bananonia(バナノニナ):ひどい、醜い

ひどい、または醜いというミニオン語だそうなのですが、ベースとなった言語は不明です。

嫌なことをされた時のミニオンが使っていました。

Po ka(ポカ):なに?

これめちゃくちゃ可愛くないですか?ミニオンたちが使っているとさらに可愛いんです!

ベースとなった言語は不明ですが、英語の「What?」と同じニュアンスだそうです。

Luk at tu(ルックァ・トゥ):見て

これは英語の「Look at 〜」がベースですね。少し独特な発音になっています。

Stupa(ストッパ):とまれ

英語がベースとなっているミニオン語が続きます。

こちらは英語の「Stop(ストップ)」からきているミニオン語のようです。

Pwede na?(プェデナ):はじめようか?

こちらはベースの言語が不明です。一体何語なんでしょうか…?
あ、ミニオン語ですね。

BEE DO BEE DO…!(ビードゥービードゥー…): 火事だ!

これは言語ではなくサイレンの音がベースになっているミニオン語です。

こちらのミニオン語は使われないことを祈ります…

日本語がベースになっている『ミニオン語』

最後に日本語がベースになっているミニオン語をご紹介したいと思います。

Yakitori(ヤキトリ):焼き鳥

そのまんまですね!

ミニオンたちは焼き鳥も好きなんでしょうか?

Bakayarou(バカヤロウ):バカヤロウ

こちらも意味も発音も日本語と同じです。

Kanpai(カンパイ):乾杯

乾杯も日本語が使われているなんて!

知っている言葉をミニオンたちが話しているとなんだか嬉しいですね。

Nakama(ナカマ):仲間

こちらは日本語吹き替え版において日本語仕様になっている言葉だそうです。

そんなミニオン語もあるんですね!

まとめ

これまで何となく聞いていたミニオンたちの会話が少し分かるようになったのではないでしょうか。

ミニオンたちが日本語もちょくちょく話しているのは驚きでしたが、色々な言語を話していたんですね。

個人的にはやっぱり「Banana(バナナー)」が1番好きです。

嬉しそうな顔で「バナナー!」と叫んでるミニオン、めっちゃ可愛いんですよね。

ミニオンの正体が明かされた
映画『ミニオンズ』を無料で見る方法

無料のお試し期間がある『U-NEXT』。
31日間の無料お試しを利用すれば、
ミニオンの正体が明かされた映画『ミニオンズ』も無料で見られますよ♪

映画観るなら<U-NEXT>


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました