新今宮の星野リゾート宿泊レビュー!部屋やアクセス・周辺情報を紹介!omo7大阪 by 星野リゾート

ライフ

2022年4月22日(金)に大阪の新今宮にオープンした地域密着型ホテル『OMO7大阪 by 星野リゾート』

オープンから2日後の4月24日(日)に宿泊してきたので、館内施設やアクセスなどについて写真付きで紹介したいと思います。

大阪の「新今宮」って、どの辺にあるの?

という方も多いと思いますので、『OMO7大阪 by 星野リゾート』から大阪の主要観光地へのアクセス情報についても紹介しますよ。

大阪旅行を検討されている方は、ぜひご覧ください。

さくら
さくら

『OMO7大阪 by 星野リゾート』は、通天閣や食い倒れの街「新世界」が徒歩圏内。

新大阪駅からのアクセスも◎!

キレイでおしゃれな空間でのんびり贅沢な時間を過ごしつつ、大阪観光もしっかり出来ますよ♪

OMO7大阪 by 星野リゾートの館内施設

『OMO7大阪 by 星野リゾート』は2022年4月22日にオープンしたばかりということで、館内はとにかくキレイでおしゃれでした。

さくら
さくら

この記事内で使用している写真は、すべて私が撮影したものです。

普段「写真を撮るのが下手」と言われている私でもどこを撮ってもおしゃれに撮れるぐらい、とにかくおしゃれでした。

木のぬくもりを感じるおしゃれ空間で、ゆったりと贅沢な時間を過ごすことができますよ。

エントランスやロビーなどには、座り心地の良いおしゃれなソファや椅子がとにかくたくさん置かれていました。

ロビーは2階にあるので、『OMO7大阪 by 星野リゾート』に到着したらまずは2階へ向かいましょう!

エントランスでは、大阪らしくビリケン様がお出迎えしてくれますよ。

チェックイン前の入り口では、体温測定とアルコール消毒が必須。

エレベーター前や客室などの至る所にアルコール消毒も設置されており、感染症対策もしっかりされていたので、ご安心ください。

【2F】ロビー

『OMO7大阪 by 星野リゾート』のロビーは2階にあります。

チェックイン/チェックアウト

チェックイン、チェックアウトはセルフでできるようになっていました。

チェックインは、メールで送られてくるQRコードを機械にかざして、宿泊者情報に誤りがないか確認したら、カードタイプのルームキーを作成するだけ。

セルフでしたが近くにスタッフの方がおられるので、わからないことがあればすぐに助けてもらえます。

おかげで、チェックインもチェックアウトもスムーズに手続きできましたよ♪

【2F】ロッカー

遠方から『OMO7大阪 by 星野リゾート』へ来られる場合、

チェックインまで時間があるけど、観光へ行くのに大きな荷物が邪魔だなぁ…

という方も多いと思います。

そんな方のために、『OMO7大阪 by 星野リゾート』には無料で使えるおしゃれなロッカーがあります。

大きいサイズのスーツケースも入るサイズのロッカーもあるので、荷物が大きくても安心♪

もちろんこちらのロッカーは、チェックイン前/チェックイン後でも利用できますよ。

エントランスのエレベーター横にあるので、大きな荷物はこのロッカーに預けて身軽な状態で大阪観光へ繰り出せます。

【2F】ガーデンエリア「みやぐりん」

約7600㎡もあるガーデンエリア「みやぐりん」は、芝生エリアやウッドデッキなどがある散策エリア。

ガーデンエリア「みやぐりん」は、宿泊者または館内のダイニングやカフェ利用者のみが利用可能です。

夜のガーデンエリア「みやぐりん」もライトアップがキレイでとても素敵でした。

さくら
さくら

カフェでドリンクを頼み、おしゃれな椅子にゆったりと座って、ガーデンエリア「みやぐりん」を眺めながらまったり過ごしたのですが、天気も良くてとても気持ちよかったです♪めちゃくちゃ贅沢な時間でした!

私が座っていた場所からは、JR新今宮駅のホームに入ってくる電車も見え、時々ホームのアナウンスも聞こえました。

地域密着型ホテルならではですね。

【2F】温浴棟 湯屋

『OMO7大阪 by 星野リゾート』には宿泊者のみが利用できる温浴棟 湯屋があり、こちらを利用する場合は入浴料1,000円が必要です。

入浴券付きのプランもありますが、当日に入浴券を購入することもできますよ

温浴棟 湯屋の利用可能時間は、6:00〜10:00と15:00〜24:00なのでご注意ください。

温浴棟 湯屋には、以下のタオルやアメニティがありました。

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • くし
  • コットン
  • 綿棒
  • ドライヤー
  • シャンプー(洗い場にボトルで設置)
  • コンディショナー(洗い場にボトルで設置)
  • ボディーソープ(洗い場にボトルで設置)
  • フェイス&ハンドソープ(洗い場にボトルで設置)
  • 化粧水
さくら
さくら

温浴棟 湯屋には「化粧水」だけはありましたが、クレンジングや乳液などはありません。

なので、スキンケアグッズやヘアオイルなどは持参するのがおすすめ!

脱衣所には、貴重品を入れておける金庫や無料のウォーターサーバーもありました。

気になるお風呂は…

大きい湯船が一つあり、熱めとぬるめで区切られているとてもシンプルな作りでした。

こちらは温泉ではないのですが、ほぼ貸切状態でゆっくり湯船に浸かってリラックスできたおかげか、翌日のお肌がもちもちで化粧ノリが良かったです。

ちなみに温浴棟 湯屋の混雑状況は、スマホから簡単に確認することができます。

私は22時半頃から1時間ぐらい利用したのですが、出る頃には少し人が多かったです。

温浴棟 湯屋は24:00までなので、ギリギリに入浴される方が多いのかもしれません。

さくら
さくら

入浴料がかかるので、サウナやジェットバスなどもあるのかと期待していただけに個人的には少し残念でしたが、大きな湯船でゆっくりできて気持ちよかったです♪

徒歩圏内に「スパワールド」があるので、温泉を楽しみたい方は「スパワールド」に行くのがおすすめ。

【2F】カフェ・ダイニング

『OMO7大阪 by 星野リゾート』の施設内で食事できる施設は3箇所あります。

  • OMOダイニング
  • OMOカフェ&バル
  • 湯上がりご近所スタンド(20時〜22時の時間限定)

宿泊プランの朝食は、「OMOダイニング」か「OMOカフェ&バル」のどちらかを選べます。

OMOダイニング

OMOダイニングは、『OMO7大阪 by 星野リゾート』にある唯一のレストランで、宿泊者以外の方でも利用可能です。

OMOダイニングでは、モーニングビュッフェ、ランチ、ディナーがあり、私たちはモーニングで利用しました。

私たちは、9時頃に朝食を食べに行ったのですが、かなり空いていたのでじっくり選ぶことができました。

どれもとても美味しそうで、迷いに迷ったのですが、まずは洋食プレートにしてみました。

もちろんこれだけでは足りないので、おかわりは和食に♪

食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいましたが、納豆やお味噌汁、煮物やだし巻き卵などがあり、どれも美味しかったです。

ヨーグルトやフルーツ、ケーキなどのデザートもありますよ!

さくら
さくら

OMOダイニングの朝食ビュッフェは、和食も洋食もあるのでついつい食べ過ぎてしまいました。

クロワッサンとサーモンを挟んだチーズベーグルが特に美味しかったです!

大阪らしい「ねぎ焼き」や「うどん」といったメニューもありましたよ。

モーニングビュッフェランチコースディナー
営業時間
7:00〜10:00
*毎週水・木曜日、一部日程は休業
(期間:4-6月、5月2、9日*5月3、4日を除く)
11:30〜14:00
*毎週火・水曜日と一部日程は休業
(期間:4-6月、5月2、9日*5月3、4日を除く)
17:00〜21:00
予約予約不要
*当面の間、宿泊者を優先
予約不要予約要
*当面の間、宿泊者を優先

OMOカフェ&バル

OMOカフェ&バルでは、モーニングとランチが楽しめます。

OMOカフェ&バルも、宿泊者以外の方も利用可能です。

私たちはランチタイムに利用したのですが、ランチでは、以下の軽食とドリンク(アルコール有り)、デザートが楽しめますよ。

串カツやイカ焼きといった大阪ならではのメニューもあります。

さすが、地域密着型のホテルですよね!

さくら
さくら

天気が良かったので、ウッドデッキでのんびりいただきました。

私はミックスジュースを頼んだのですが、注文してからミキサーで作ってもらえるのでとてもフレッシュでした。

モーニングランチ
営業時間
7:00〜10:00
*毎週水・木曜日、一部日程は休業
(期間:4-6月、5月2、9日*5月3、4日を除く)
10:00〜22:00
*毎週火・水曜日と一部日程は休業、毎週木曜日は14:00~営業
(期間:4-6月、5月2、9日*5月3、4日を除く)
予約予約不要
予約不要

湯上がりご近所スタンド(20時〜22時の時間限定)

20時から22時の時間限定でテラスデッキにオープンする「湯上がりご近所スタンド」

温浴棟 湯屋の利用後に、クラフトビールやたこ焼きが楽しめます。

「湯上がりご近所スタンド」は20時〜22時の時間限定でオープンするので、うっかり忘れてしまわないように要注意ですよ。

【2F】ショップ

『OMO7大阪 by 星野リゾート』では、おしゃれなオリジナルグッズなどが販売されていました。

入浴剤やスキンケアセット、コーヒーなども販売されていましたよ。

さくら
さくら

ロビーの一画にディスプレイのようにひっそりと置かれているので、見逃さないように要注意。

おしゃれすぎて、チェックイン時には全く気付きませんでした。

【3F】ランドリー/自動販売機

『OMO7大阪 by 星野リゾート』には、洗剤不要の洗濯機(有料)や乾燥機(有料)もありました。

アイロンとアイロン台も設置されており、これらは無料で利用できます。

洋服のシワや汚れが気になった時も安心ですね!

また、3Fの自動販売機が置かれている場所には、ウォーターサーバーや製氷機、電子レンジもありました。

部屋の冷蔵庫内にピッチャーがあるので、無料で飲み水を確保しておけますよ。

さくら
さくら

残念ながらマルチ自動販売機はまだ準備中でした。

近くにコンビニもメガドンキもあるので、小腹が空いても安心ですよ。

【3F〜14F】客室

『OMO7大阪 by 星野リゾート』の客室の種類は、全部で10種。

  • OMOハウス
  • いどばたスイート
  • ドッグフレンドリー いどばたスイート
  • デラックスルーム
  • だんだんルーム
  • コーナーツインルーム
  • キングルーム
  • ツインルーム
  • ツインルーム(ユニバーサル仕様)
  • ドッグフレンドリー ツインルーム

『OMO7大阪 by 星野リゾート』には、愛犬と一緒に宿泊できる「ドッグフレンドリー」のお部屋や、車椅子の方が快適に過ごせる「ユニバーサル仕様」のお部屋もあります。

部屋番号の表記まで可愛いかったです。

今回、私が宿泊したのは「キングルーム」というお部屋でしたので、そちらの客室について紹介しますね。

キングルーム詳細

キングルームの特徴は、部屋の名称にもなっている「200cm幅のキングベッド」。

我が家のベッドはセミダブルなので、めちゃくちゃ広くてぐっすり寝られましたよ。

壁には大阪の観光地が可愛いイラストで描かれていました。

洗面台は、部屋の中にある珍しいスタイル。

お風呂もとってもおしゃれでした。もちろん、シャワーの水圧も問題なし♪

部屋からの景色はこんな感じ↓

宿泊した日は生憎の曇り空でしたが、「あべのハルカス」もばっちり見えました!

こちらの写真は、撮るのが下手で申し訳ないのですが、夜景もとてもキレイでしたよ↓

さくら
さくら

写真を撮り忘れてしまったのですが、キングルームには2人で座っても余裕がある大きなソファやクッションもあるので、とにかくめちゃくちゃゆっくりできました。

ちなみに部屋の中は、裸足でOK。床の一部が畳になっているのも居心地が良かったです♪

その他の施設

  • ライブラリー(2F)
  • 授乳室(2F)
  • 喫煙所(2F)
  • シェアサイクル※有料・先着順(1F駐車場)

ライブラリーには、本やコンセント電源が近くにある椅子やソファもあるので、パソコンやスマホの充電を気にせずにのんびり過ごすこともできます。

また、『OMO7大阪 by 星野リゾート』の客室は禁煙なのですが、ロビーのエレベーター裏に喫煙所があるので喫煙者の方も安心ですよ。

館内イベント/アクティビティ

『OMO7大阪 by 星野リゾート』では、ユニークな館内イベントやアクティビティが色々実施されています。

新世界の案内ツアーや串カツの食べ方や注文方法などのマナーを教えてもらえるツアーもあるので、大阪に来るのが初めての方でも安心して楽しめますよ。

ほとんどの館内イベントやアクティビティが無料なのも嬉しいポイントです。

OMO7大阪 by 星野リゾートのアメニティ

チェックインをしたら、ロビーで歯ブラシやカミソリ等のアメニティをゲットしておきましょう。

ロビーに置かれているアメニティは以下の6点。

  1. 歯ブラシ(お子さん用の小さいサイズのものも有り)
  2. カミソリ
  3. ヘアゴム
  4. コットン
  5. 館内着(浴衣+帯)
  6. 館内用スリッパ

館内着や館内用スリッパは、好きなサイズのものを選べますよ。

この『OMO7大阪 by 星野リゾート』の館内着がめちゃくちゃ可愛かったです!

襟や袖、裾の部分に、大阪名物のシルエットが刺繍されているのですが、デザインや色合いがとても素敵でした。

足元の刺繍も何種類かあるようです。サイズによって違うのかな?

私はタコ、主人はフグの刺繍でした。

襟の部分にも刺繍がされているので、襟の合わせで迷うこともありませんよ。

帯もバイカラーなので、蝶々結びをしたときにとても可愛かったです。

さくら
さくら

館内着と同じものがお土産で売られていたら買って帰りたかったです!

また、ロビーで借りられるスリッパは館内用なので、部屋の中では使用しないようにしてくださいね。

館内用スリッパは、温浴棟 湯屋やガーデンエリア「みやぐりん」へ行く際にも履いて行ってOKです。

また、客室(キングルームの場合)の設備やアメニティは以下通りでした。

  1. 金庫
  2. 加湿空気清浄機
  3. テレビ
  4. ハンガー
  5. バスタオル
  6. フェイスタオル
  7. 冷蔵庫(※冷凍はなし)
  8. ピッチャー
  9. 電気ケトル
  10. ドライヤー
  11. 飲み物用のコップ
  12. 歯磨き用のコップ
  13. アルコール消毒
  14. シャンプー(お風呂にボトルで設置)
  15. コンディショナー(お風呂にボトルで設置)
  16. ボディーソープ(お風呂にボトルで設置)
  17. フェイス&ハンドソープ(洗面台にボトルで設置)

客室にも無料のWi-Fiがあるので、データ容量を気にせずスマホやパソコンが使えます。

さくら
さくら

スキンケアやクレンジングなどは、持参するのがおすすめ!

もし何か忘れても、徒歩圏内にMEGAドンキがあるので安心ですよ。

OMO7大阪 by 星野リゾートの周辺施設

新今宮にある『OMO7大阪 by 星野リゾート』の徒歩で利用できる周辺施設について紹介したいと思います。

徒歩10分以内には、以下のような施設がありました。

  • 新世界
  • 通天閣
  • 天王寺動物園
  • コンビニ
  • MEGAドンキ
  • スパワールド

『OMO7大阪 by 星野リゾート』から大阪の人気観光地である「新世界」や「通天閣」も徒歩圏内なので、新世界での食い倒れも思う存分楽しめます。

新世界には、串カツやお寿司にホルモンなど美味しいものがたくさんありますよ。

串カツと言えば「だるま」が有名ですが、個人的には「八重勝」という串カツ屋さんもおすすめです。

「八重勝」は、常に行列ができる人気店なので、もし空いていたら超ラッキー!

実は、『OMO7大阪 by 星野リゾート』がある新今宮は天王寺の隣なので『OMO7大阪 by 星野リゾート』から「天王寺動物園」へ徒歩10分以内で行けます。

『OMO7大阪 by 星野リゾート』から天王寺駅まで歩いても15分以下なので、「あべのハルカス」や「あべのキューズモール」といったショッピングモールも利用できます。

OMO7大阪 by 星野リゾートから主要観光地へのアクセス情報

『OMO7大阪 by 星野リゾート』から、主要観光地へのアクセス情報も紹介しておきたいと思います。

施設名所要時間アクセス方法
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン23分JR新今宮駅から大阪環状線で
西九条駅へ。


西九条駅でJRゆめ咲線に乗り換えてユニバーサルシティ駅で降車。
なんばグランド花月11分南海電車新今宮駅から南海本線に乗りなんば駅で降車。なんば駅から徒歩2分。
大坂城20分JR新今宮駅から大阪環状線で
森ノ宮駅へ。森ノ宮駅から徒歩3分。
海遊館30分JR新今宮駅から大阪環状線で弁天町駅へ。弁天町駅で中央線
に乗り換えて大阪港駅で降車。大阪港駅から徒歩9分。

『OMO7大阪 by 星野リゾート』は大阪のどこへ行くにも便利な場所にあります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへも30分以内で行けますし、通天閣や新世界は徒歩圏内なので、大阪旅行におすすめですよ。

さくら
さくら

「新今宮」という地名は聞き慣れないかもしれませんが、大阪観光をする際にとても便利な場所なんです♪

OMO7大阪 by 星野リゾートへのアクセス

『OMO7大阪 by 星野リゾート』の最寄駅は以下の3つ。

  1. JR「新今宮」駅:徒歩2〜3分
  2. 南海電鉄「新今宮」駅:徒歩2分
  3. 阪堺電車「新今宮駅前」:徒歩3〜4分
  4. 地下鉄Osaka Metro「動物園前」駅:徒歩4分

JR「新今宮」駅からの場合、「西出口」から出た方がエントランスに近く、徒歩2分で到着します。

私たちはJR「新今宮」駅の「東出口」から出てしまったのですが、それでも徒歩3分程でした。

JR新今宮駅のホームからも『OMO7大阪 by 星野リゾート』ばっちり見えるので、迷子になることはないと思います。

この写真だと、地域密着型ホテル感がスゴいですよね。

新幹線を利用する場合

新幹線を利用される場合は、「新大阪」駅で降車される方がほとんどだと思います。

その場合は、新大阪駅から地下鉄Osaka Metroの御堂筋線で「動物園前」駅まで行き、6番出口から出ると徒歩4分程で『OMO7大阪 by 星野リゾート』に到着しますよ。

OMO7大阪 by 星野リゾートの概要

施設名OMO7大阪 by 星野リゾート
住所〒556-0003
大阪市浪速区恵美須西3丁目16番30号
問い合わせ0570-073-099
(9:30 AM〜6:00 PM)
HPhttps://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/
チェックイン15:00
チェックアウト11:00
(レイトアウトは最長14:00まで1時間につき1,650円)
総客室数436室、1棟
駐車場乗用車68台/バイク5台(有料)
クレジットカードVisa、Mastercard、JCB、American Express、銀聯 UnionPay、ダイナース

まとめ

今回は、大阪の新今宮にオープンした『OMO7大阪 by 星野リゾート』について紹介しました。

これまでは「新今宮」と言うと、大阪のディープな街という印象だったのですが、『OMO7大阪 by 星野リゾート』のおかげで、ゆったりとしたリゾート気分を味わえました。

客室エリアにはルームキーが無いと入れないようになっているので、セキュリティ面も安心

エレベーターは、ルームキーをかざしてからじゃないと、ボタンが押せない仕様になっているので気をつけてくださいね↓

ダイニングやカフェなどは宿泊しなくても利用できるので、近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみて欲しいです。

リードを繋いでおけば、愛犬と一緒にカフェやダイニングを利用することもできます。

また、『OMO7大阪 by 星野リゾート』は、想像以上に観光地や新大阪駅からのアクセスも良く、徒歩圏内にMEGAドンキやコンビニもあるので、メイク道具やスキンケア商品を忘れても困ることはありませんでしたよ。

大阪旅行の際には、観光に便利な立地にある『OMO7大阪 by 星野リゾート』もぜひ候補に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました