ロルバーン手書き家計簿公開!2022年10月の共働き夫婦の貯金額はどのくらい?

手書き家計簿

今月から、また30代の共働き夫婦のRollbahn(ロルバーン)の手帳の「手書き家計簿」を公開していきたいと思います。

2022年10月は、約21,000円を貯金することが出来ました。

  • 同年代夫婦の毎月の貯金額が気になる…
  • Rollbahn(ロルバーン)の手帳を使った家計簿の使い方が知りたい!

という方は、ぜひ最後までご覧ください。

2022年10月のロルバーン手書き家計簿を公開!30代共働き夫婦の貯金額

※画像をクリックすると拡大表示できます。

最近は、晩御飯のメニューを書くのをサボっています。

おかげで家計簿を書くのが楽になりました!

また余裕が出てきたら、晩御飯のメニューメモを復帰させたいと考えています。

それでは、支出の内訳を見ていきましょう。

  • 食費:20,863円
  • 日用品費:7,350円
  • 外食費:16,419円
  • 娯楽費:0円
  • その他:0円
  • 水道光熱費:8,825円
  • Wi-fi(SoftBank光):3,633円

これらの内訳を、我が家の月の予算である82,160円から引くと、25,070円が残りました!

我が家の予算について

ですが、先程の金額には、部屋の更新料(2年契約)の積み立ての3,980円が含まれているので、3,980円を引きます。

ということで、我が家の2022年10月の貯金額は、21,090円でした。

家計簿の内訳詳細

※画像をクリックすると拡大表示できます。
※画像をクリックすると拡大表示できます。

※「牛乳」は「低脂肪乳」、「ビール」は「発泡酒」です。

10月は、初めてネットスーパーを利用してみました。

自宅にいながら買い物ができるのは、思っていた以上に楽!

今後は重いものを購入する時や、どうしても買い物に出るのがしんどい時は利用しようと思います。

【2022年10月】ロルバーン手書き家計簿の良かった点

今月は、食費が約2万円とかなり余裕があったのが良かったです。

これは、ふるさと納税で「お米20kg」と「豚肉4kg」を買っておいたおかげ。

ふるさと納税は、購入した日が寄付日になるので、まだ今年分にも間に合いますよ。

寄附金額に余裕がある方は、ぜひ食費が浮く返礼品の地域に寄付してみてください。

【2022年10月】ロルバーン手書き家計簿の反省点

予算内に収まっているので、10月は特に反省はないのですが、強いて言うなら「外食費が多めだった」ことです。

最近、予算に余裕があるとすぐに外食に頼ってしまうので、もう少し回数を減らしたいと思います。

お金に対する不安をなくしたくないですか?

「自分は収入が少ないから、貯金は難しい」と思っていませんか?

「積立NISA」や「株式投資」といった資産運用も話題になっていますが、低収入の自分にはできないし、大金を失いそうでこわい...

こんな風に思っている方もおられると思います。

過去の私も、同じように思っていました。

ですが、実はこれらは投資に対する誤解なんです。

お金に関する知識もなく「月13万円」と低所得だった私でも、とある方法で自分の収入に合ったお金の貯め方や資産運用のやり方を知ったことで、なんと1年で100万円もお金を貯めることに成功しました。

しかも!

お金に関する知識ゼロの投資初心者だった私が、たった2年の資産運用だけで、なんと約10万円も資産を増やすことができたのです。

どんな方法か気になりますよね?

その方法とは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」を受講しただけ。

ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」なら、スマホで動画を観るだけで、自分の収入に合ったお金の貯め方や資産運用のやり方をサクッと学ぶことができますよ。

さくら
さくら

ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」を受講したおかげで、月の収入が13万円ぐらいと低所得だった私でもお金の不安がなくなりました!

お金に対する不安から解放されたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。

【今なら無料】68万人が受講した大人気マネースクール

まとめ

今回は、2022年10月の30代共働き夫婦のRollbahn(ロルバーン)の手帳を使った「手書き家計簿」を公開しました。

2022年10月は、21,090円を貯金することができました。

少し前から貯金額の一部を投資に回すようにしているので、1万円はSBI証券の口座に入金しました。

少額投資でどこまで増やせるか楽しみです。

【2022年10月】我が家の投資状況

ロルバーン手帳を使った手書き家計簿の詳細は、別の記事で詳しく紹介しています。

フォーマットの作り方や書き方が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのふるさと納税

次月の家計簿はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました